11月生まれの裏読み恋愛運




11月生まれはとにかく強がります。


なんでそんなに強がるのか。

これは自分でもわからないと。

弱音をむき出しながらの強がりだから、周りには無理して強がっていることは丸わかり。

同情されたくないのに、むき出しの弱音……とても人間的だともいえます。

恋愛も、自分からは仕掛けるということはしません。

でも、ひたすら優しくするとか、ひたすら相談にのるとか、ひたすら「この愛をわかって」という感じをだしていきます。

振られたくないとか、どうせモテないとか、恋愛下手を自認しているところもあります。

好きな人以外に好かれたいとは思わないから、モテないのは当たり前。

人間味あふれる面白い人だし、優しさもある……にも関わらず恋愛から遠のこうとしてしまいます。

遊びなんかで貴重な恋愛を浪費したくないのです。

11月生まれの恋愛の特徴は、その深さ。

恋人への恋愛の深さは、相手の浮気を許してしまうところでも表れます。

恋人が望むことなら叶えてやりたいの一点で、どんなとことでもやってのけます。

11月生まれには、さそり座も含まれています。

さそり座のイメージは「さそり座の女」という歌の歌詞に引っ張られるところがありますが、実際はあの歌詞の反対になろうと頑張ったりしています。

しつこくしたくない、あっさりしたい……自分の情念の深さを理解しているから、そうならないように頑張っているのです。

恋愛至上主義者だからこそ、それに没頭してはいけないという戒めに縛られているというか……

好きではない相手に冷たくできるのも11月生まれの特徴でもあります。




女性の場合


たとえ恋人が肉体関係ありのパトロンがいようとも、それで別れようとは思いません。

裏切られているのは分かっていても、彼が自分の元にいる限りは許容範囲。

別れの原因は相手の浮気ではないのです。

ホストから「お前だけ」と言われて「でしょうね」と思えるところもあります。

なぜなら、包容力も尽くし方も他の女とは段違いだからで、こんな自分みたいな女は他にいない! と自分で確信しているからです。

11月生まれの女性は、なかなか人を好きになりません。

その上、とても面食い。

文字通り、モデルのような見た目の人が大好きです。

そういう人と出会ったら、仲間のような、お母さんのようなアプローチを仕掛けます。

他の女と違うところは、ライバルがいても嫉妬しないところです。

まるで同性の友人のように近づいて、ライバルの女性たちとは無駄に争わない。

そうこうするうちに「真心」で彼のハートをつかむわけです。

外見が好きなわけですから、中身がどうしようもなくてもガマンします。

お金にだらしなかろうと、女にだらしなかろうと、織り込み済みということでしょうか。

友人たちから「騙されている」と言われても「浮気してる」と忠告されても、別れ話にはなりません。

別れる理由は恋人の素行ではなく、結婚できるかどうか。

親の面倒を見なければならないとか、親が反対しているとか、自分の年齢とか、結婚話をする段階になって「別れ」を意識します。

恋愛の先は結婚です。

恋愛は恋愛、いつまでも続けるものではないと。

家族の反対を押し切ってまで結婚していいものか。

先が見えない恋愛をいつまでもできないのが、11月生まれの裏恋愛事情なのです。

にも関わらず、惚れられたり、お見合い相手とは結婚どころか関わりたいとも思わない。

結婚願望はあるものの、惚れ抜いた相手と結婚したいという願望がとてつもなく強いので、なかなかうまくいかないという……。

11月生まれのお眼鏡に叶った男性は、とても幸せだと思います。

逆に11月生まれの女性に惚れた男性は、相手にされない苦しさが募るかもしれませんね。






男性の場合

男性も面食いです。

美女が好きで、真心で勝負します。

友人たちから「だまされてるんじゃないの?」と言われるほどの美女を恋人にする人もいます。

11月生まれの場合、「だまされても良い」と思っているところもあります。

そもそも性格が悪いとか何とかは、付き合ってみなければ分からないわけで、外見がどうだろうと同じこと。

誰と付き合っても「だまされた感」はあると分かっています。

嫉妬深いことも分かっています。

もし恋人が仕事仲間の男性と食事に行くと聞いたら、その店に行きたい衝動を抑えるのも大変です。

異性の影がチラつくだけでも落ち着かない、なんなら恋人の仕事仲間全員と顔見知りになりたいほどです。

別れに関しては、自分からは言い出しません。

どんなに性格が悪くても、生活が乱れていても、惚れた女だから許容するしかないと考えているからです。

でも、別れたいと言われたら、身を引きます。

恋人の幸せを祈るのが自分の使命だと考えます。

別れても友だちとしてそばに居たいと考えるのも11月生まれ。

そして元恋人に変わらず尽くし続けます。

次の恋人が「元恋人と会うなんてサイテー」と言えば、もちろん関係はスパッと切ると思います。

惚れた女を悲しませない。

それが11月生まれの男の真心のようです。



コメント