3月生まれの裏読み恋愛運


3月生まれは恋愛強者……?

3月生まれは自分が選んだ人を信じることができる人。

恋愛強者でもあります。


3月生まれはフワフワしていて可愛らしい人も多く従順なように見えます。

その佇まいは恋愛のロマンを感じさせるもの。

その雰囲気があるからか男も女もとてもモテます。

付き合い当初はとても優しく相手に言いなりという感じ。

結婚を意識するようになると、とても頑固な部分を見せてきます。


特に恋愛は、自分の意思次第と思っているので、相手の思うままなんてことにはなりません。

「あの人は私に惚れているから言いなりなってくれる」なんて調子に乗っていたらものすごく痛い思いをするのが、3月生まれとの恋愛です。


その頑固さは、周囲に愛する人を批判されたときに最も発揮されます。

とはいえ、3月生まれの家族が結婚を反対するということがほとんどありません。

家族は3月生まれを「言い出したらきかない」ということを知っているからです。反対しても無駄だと判っているのです。


別れるときも頑固で、ヨリが戻ることは滅多にありません。

3月生まれが「別れる」と言い出したら、それで終わり。

3月生まれは、相手からすがられようと、反論されようと、罵倒されようと、じっと我慢。

面倒なことに巻き込まれるのも嫌いなので、すべてが立ち消えになるのを待つばかり。魔術の本を読み込んで呪文を唱えるということもあります。


3月というのは、魚座と牡羊座と、まるっきり違うタイプの星座を含んでいます。

でも、恋愛に関してはどちらも自信満々。

魚座も牡羊座も、恋愛に関して自分が不幸になるわけがないという自信の持ち主です。

そのせいか、危険な男や女を恋人にすることも多い。

どんなに危険な相手でも3月生まれは相手を信じて純粋に愛を語ります。

そのせいか、危険な相手も3月生まれに純粋な愛を捧げてしまう。

「お前だけは」と特別扱いされるのが多いのも3月生まれ。


結婚や事実婚となると、3月生まれは豹変します。

これが11月生まれなら結婚しても「一緒に地獄に行ってもいい」なんてロマンチックなことを考えますが、3月生まれは「私は地獄に行くつもりはない、私はここで待ってるから頑張ってね」という感じ。

3月生まれにとって、結婚は恋愛の延長ではありません。生活が成り立つことが大前提。

稼ぎがなくても、向上心や野心があることが大切であり、何よりまじめなことが大切なのです。

だから、資格を取らせたり、弟子入りさせたり、その道で食っていけるように叱咤激励します。


恋愛強者でも、結婚後は浮気をされることはあります。

とはいえ、浮気をされても夫や妻が戻ってくる確率が高いのも、3月生まれの特徴です。恋愛と結婚は違うという考えがあるせいか、生活が戻るならば浮気も許すからです。

一方で、結婚をしたからといって3月生まれの恋愛はいつも本気。浮気では済まないというのは本人も判っています。

ただ、浮気心がおきても、バレたときの社会的制裁などの恐怖で実際に浮気することは滅多にありません。



男性の場合

亭主関白を気取ってみても、奥さんがやりたいようにやらせます。

専業主婦になってなんて言ってみても、奥さんが働きたいと望めば好きにすればとなります。

マザコン気味ですが、奥さんが母親役をやるようになると幸せ。

強い女が好き。

ぐーたら度は強く、家事などは奥さんが何でもやってくれると、それに乗っかって何もしない。奥さんがキレると手伝います。


女性の場合

わがままですが、そのわがままを受け入れてくれる人と結婚します。

相手の年齢や年収、仕事にこだわっていると、結婚に結びつかない場合も多い。

結婚相手の条件は気ままな生活ができる相手。

仕事で苦労しても、生活苦でも、家の中で呑気でいられるなら、幸せを感じます。

嫁姑問題や社宅問題など辛い人間関係を押し付けられると逃げ出します。話し合ったり愚痴を好きなだけ言えたり、一緒に立ち向かうパートナーだとがんばります。

孤軍奮闘が嫌い。

コメント