金運がありそうな数字「8」

今、お金が必要……みたなときがあるかと思います。

そんなときに助けになるかもしれない呪文があります。

「トリンカファイブ」と数回、唱えるというもの。

ジプシーの呪術だそうです。

この呪文は有名なもので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。


この呪文を5回程度唱えるということですが、自分のラッキーナンバーがあれば、その回数を唱えると良いとか。

当たるかも数字占いとしては「8」回をオススメします。

数字占いで、金運が良いと言われているのが、「8」。


「8」のある人はお金に強い。

ただ、大金持ちになるとか、金が入りすぎて困ってしまうというわけではありません。


お金の稼ぐ意欲がある、使い方がうまいという感じです。


「8」を持つ人は粘り強いという特徴があります。

運命数(生年月日をバラして足した数)が「8」の人や生年月日のどこかに「8」がある人などなど、「8」を持っている人は粘り強い。


友だちと一緒のバイト先に入って、友だちは辞めてしまったけど、「8」を持つ人は期限まで頑張るみたいな。

そこがブラックだとしても、耐えて働くという感じです。

どんなにヤバい状況でも、です。

期限が来たら辞めます。辞めるときは絶対に辞めます。どんなに引き止められても辞めます。そこに優柔不断さはありません。


そもそも「8」の人は贅沢するために働くというわけではないようです。

例えば……1955年2月24日の人ならば……


1+9+5+5=2

2+2+4=8

2+8=1(運命数)


この方の運命数は「1」。

で、誕生日を足したものは「8」。

このブログの誕生日トラウマ占いとして使っている数字でもあります。


生まれた年と日にちを足した出た数字は、20代から中年ぐらいまで影響を与えます。それも……「8」

1+9+5+5+2+4=8


この方は相当な仕事人間であることは持ってる数字を見ると分かります。

「1」という運命数の方なので、子どもの頃から中年以降まで、自分のアイディアを形にするために、タフな精神力で突き進んできたのだろうなと。

それから、ユーモアっていうのは、無かったのではなかろうかという……多分。

生年月日を見ると、人のアドバイスもあまり聞かない。自由で居たい、仲間意識が高い、冒険はするけど危険が嫌い、精神世界や心を重視する……などいろいろありますが。


「8」を持つ人は、仕事面で粘り強いと信頼もされますし、逆転することも可能です。

諦めが悪いとも言えますが、七転び八起きということで、形勢逆転となる場合も多いようです。


諦めて幸せもありますが、諦めない幸せもあります。

時間は流れて、その中であれこれと生きるわけなので、どっちでも良いのかもしれません。


で、諦めない幸せを取るのが「8」を持つ人。

お金の使い方も、まずお金ありき。

欲しい物がお金を先行しないのです。

借金をしてモノを買ったり行動するのではなく、まずお金を貯めてからにします。

ブランドモノだからという選び方もしません。

必要だから買う。

ケチでもない。無駄が嫌いなのです。

お金が無いという状況はありますが、お金に困ったら何とかしてやるという根性があります。

ということで、お金に振り回されないのが「8」ではないかと。

「8」をそのままラッキーナンバーとして意識するのもいいですが、「8」のパワーを使ってみようということで、自分の運命数を「8」にしてしまうのもアリではないかと思います。


自分の生年月日を一桁にバラして全部足してみましょう。

例えば1999年1月1日なら、

1+9+9+9+1+1=3(運命数)

「X」−「3」=「8」

X=「5」


運命数「3」の人は、「5」をラッキーナンバーとして意識するのも良いと思います。


「トリンカファイブ」のオマジナイは、5回以上8回未満が効きやすいとも言われています。

自分のラッキーナンバーにこだわって唱えてみるのも良いですし、「8」回唱えても良いと思います。

ただこのオマジナイは、大金が入るというより、これを唱えて数日後、必要なだけ臨時収入があるとかないとか……。


おしまい


コメント